理事長先生・よし子先生の想い

理事長先生とよし子先生の想い

2人が出会ったのは、サンフランシスコの長期留学中の事でした。

10年間のアメリカ生活を経て、2人の子どもが小学生になる頃に日本へ帰国し

『子どもの教育』の大切さを痛感していたからこそ始めたのが

【浦和めぐみ幼稚園】です。

オレンジ色の園舎は・・・

園長先生とよし子先生の想い

カリフォルニアのサンサンと輝く

太陽をイメージし、それに伴い、キャッチフレーズ

『太陽の子めぐみの子』

が生まれる事となりました。

自身の留学経験から・・

園長先生とよし子先生の想い

日本人の英語がネイティブに

通じ難い事を感じ  

● 英語みみ『音の聞き取り』

● 英語くち 『良い発音』

の教育に、開園当時から特に英語に力を入れていました。


現代の物の豊かさ、便利さの陰で・・・

「転びやすい」「骨折しやすい」「疲れやすい」「低体温」「無関心」

「無感動」「目が合わせられない」

などの異変が子ども達に起こっている事。

また、1つだけが秀で他の何かが欠落した大人にならない様に。との願いから

 ● 知・徳・体・食・音の『5育教育』におもきを置き

『バランス良く育つ』事を大切にカリキュラムを組む様心がけています。

怒らないんですね・・・

園長先生とよし子先生の想い

よく、実習生としてめぐみの保育を学びに来た学生が目を丸くして言いに来ます。

「めぐみ幼稚園の先生って、怒らないんですね!!」
「なんで!?」
「どうしてですか?」

理事長先生・よし子先生の教えは、教師に浸透しています。

  • 子どもだって、ちゃんと話せば理解出来ます
  • 教えるんじゃなくて、ゲームの様に面白くしましょう
  • 魔法の言葉がけを、身に付けましょう

簡単な様で、とても難しい事ですが、この教えを教師全員が一生懸命取り組むからこそ『やる時は、しっかり集中』 『遊ぶ時は思いっきり』 のメリハリの有る保育の中で子ども達の可能性がグングン育つのだと思っています。

裸(薄着)と裸足で・・・

上半身は裸(薄着)。靴をはかずに裸足で園庭を駆け回る子ども達の足は

第2の心臓と言われる程、大切な足の成長。

めぐみっ子の土踏まずがしっかりとくぼみ、足の指を1本1本動かせる様に、と願い生命の息吹を足裏で感じる保育をしています。

大人の汗腺の数≒子どもの汗腺。

ただでさえ汗をかきやすい子どもは、体温調節が苦手です。

薄着や裸に慣れる事で、自分で体温調節が出来るようになって欲しい、と思い裸・薄着を取り入れています。

幼稚園からのお知らせブログ
バスコースのご案内
雑誌に載りました
取材を受けました
施設名浦和めぐみ幼稚園
所在地〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡4-10-15
TEL048-863-8562
開園時間9:00 - 17:00